巷で人気のトートバッグとプリザーブドフラワー情報が満載!

プリザーブドフラワーの取り扱い方法

生花の場合には、水がないと長持ちさせる事が難しいかと思います。
しかしながら、一旦プリザーブドフラワーの加工が行われると、今後は水に弱くなります。

わずかな水滴などもよくありませんし、多湿な場所も好ましくありません。
性質を理解して、適切に扱う様にしましょう。

そして、プリザーブドフラワーは他の布などと接している場合には、次第に色が移ってしまう可能性もあります。置く場所がないから、という事で別の物のすぐ近くに置いておく場合には、隣に置いている物と触れない様に注意するといいでしょう。

また、直射日光も好ましくありません。できれば常に陰となる場所を探して設置する様にしたいですね。

自分で作るプリザーブドフラワー

プロが作ったプリザーブドフラワーを買ってきて、観賞して楽しむだけではなくて、自分自身で作品を作る事もできます。材料も手に入りやすい物でできますし、基本的な作り方というのはそれほど難しくない様です。

しかし、デザイン性に優れた物を作ろうと思うと、バランスを考えたりしないといけないので、難しい部分もある様ですね。プリザーブドフラワーを趣味として楽しむ人から職業にしている人までいます。

もし、プリザーブドフラワーにおける高いスキルを身に付けたいと考えているのであれば、スクールに通って、プロである先生に直接指導してもらうというのもいいでしょう。

買ってきた作品と、自分で作った作品というのはまた違いますね。

簡単な材料で作るプリザーブドフラワー

今では市販でプリザーブドフラワーを自作したい人のために、材料が販売されています。しかしながら、専用の材料がなくても、簡単に手に入る物を使って作る事もできます。

必要な物は、花の他には、エタノールとグリセリンです。
これらは薬局に行くと売っています。誰でも簡単に手に入れる事ができます。

まずは、花を茎や葉などを切り離しして、花の部分だけにします。
そして、次に、エタノールの中に浸したままにします。そうすると、色が落ちますので、次にグリセリンに着色したい色を溶かして、その中に入れてしばらく待ちます。そうすると、プリザーブドフラワーを作る事ができます。

自宅でも作れそうですね。

おすすめ

イベント、運動会でオリジナルTシャツ作成する前にチェック!急なオリジナルTシャツ作成のお問い合わせはこちらから

PAGE TOP

copyright©通販マニア~人気のトートバッグとプリザーブドフラワー情報~.All Rights Reserved.